『あたしのまざあ・ぐうす』が新たな形で出版されました。     2011.5月

詩人であり、童謡作家である北原白秋が訳した『まざあ・ぐうす』。
〈不思議で美しくて、おかしくて、ばかばかしくて、おもしろくて、なさけなくて、おこりたくて、
わらいたくて、うたいたくなる〉はしがきの中で白秋はそう書いています。
1999年、そんな白秋の訳に背中を押されるようにして、夢中で『あたしのまざあ・ぐうす』を
制作し、私家版として限定部数出版しました。
そしてこの本のイラストレーションが思いがけず、2000年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に
入選し、その後絵本制作を始める大きなきっかけをくれました。
それから12年を経て、この本が新たな形で冨山房インターナショナルから出版される事になりました。
とてもありがたく、感慨深い思いでいっぱいです。
どこかで見かけたら、ぜひ手にとってごらんいただけたらうれしいです。

あたしのマザーグース 『あたしのまざあ・ぐうす』
ふくだじゅんこ絵 北原白秋訳
定価1,890円(税込)
冨山房インターナショナル
news news news
2017.9月 2017.5月 2016.10月
news news news
2016.9月 2015.12月 2015.11月
news news news
2015.11月 2015.7月 2015.6月
news news news
2015.3月 2015.2月 2015.1月

News_archives